仲介会社をじっくり選ぼう
2017.07.26

笑顔の女性多くの方が一度は考えても、「実際にやるのはちょっと…」というのがアパート経営やマンション経営に代表される不動産経営です。これらを足踏みする大きな理由としては、「アパートにするような土地が無い」、「本当に収益が得られるかわからない」、「経営すること自体が難しそう」といったことがあるかと思います。土地自体は手続きを踏んで、融資等を得ることができれば誰でも購入することが可能です。収益の有無への不安は、事前の物件選びや後に紹介する仲介会社および不動産会社を上手く選ぶことでかなり解消されます。不動産の経営は入居者との間に挟む仲介会社を上手く選ぶことでかなり円滑に行うことができます。言ってしまえば大家さんになるということなのですから。
仲介会社は物件の宣伝をしてくれるだけでなく、入居者との手続きも行ってくれます。当然のことながら、全く大家さんが関与しないというわけではありませんが、行うべき仕事はかなり限られることでしょう。そして得られる収益はこの仲介会社の選び方にも左右されます。どういった利率で取引をするのかといったことはもちろんですが、仲介会社の対応次第で入居を考える方がご自身の物件に入居するかどうかを決めることがあります。仲介会社が適当な対応をすれば当然入居者は入居を決めないでしょう。仲介会社が親切で入居者の側に立った対応すれば、入居を決めてくれる可能性がグッと高まることでしょう。
仲介会社はインターネットで検索をかけることもできますし、駅近くに行くことでも見つけることができます。気になった仲介会社には資料を請求することで、しっかりと情報を集めるようにしていきましょう。そして取引を進める上での条件や対応の良し悪しの面で、優先すべき事柄を事前に把握しておき、チェックをつけていくのも良いかもしれませんね。また、担当してくれる方をよく見極め、その人柄を探ることも重要です。その方が普段、入居者への対応を行うことがあるからです。大家の側にも不遜な対応をするようであれば、いくら取引の条件が良くても契約を考え直した方が良いでしょう。
物件を選ぶと同じくらい、仲介会社選びは重要になってきます。すでにお話した通り、収益も左右するからです。特に不動産経営初心者の方にとっては、信頼できる仲介会社が必要です。ですが、その知識量の少なさで知らぬうちに損をしないよう、ご自身で不動産の勉強をすることも忘れないようにしていただければと思います。

▲ ページトップへ