空室率を下げるためには?
2017.07.26

男性アパートやマンション等の不動産経営を考えた際に、最も心配なのが「果たして部屋が埋まり、ちゃんと家賃収入が入ってくるのか」ということでしょう。アパート投資に代表されるように、不動産に興味を持つ方は年々増えてきています。しかし、関心を持つ方が増える一方で、実際に始める方はそれよりもグッと少ない数になってしまいます。だからこそ、空室にならないような対策を日々講じていかなくてはなりません。
1つ目にご紹介したいのが、やはり家賃や敷金、礼金の金額設定を下げることでしょう。これだけでもこれまで取り込めなかった方を呼び込むことができるようになり、空室が少なくなる可能性がかなり高まります。特に大学生や新社会人など、まだまだ若くお金に余裕がない層をターゲットにする場合、およびそういった地域の不動産を所持している場合は、この方法がかなり有効です。
2つ目は、入居者となる方を選ぶ際のハードルを下げることでしょう。近年は多くの外国人の方が日本に流入してきており、皆さん住む場所を探すのに困っています。外国人というだけで即NGというケースもあり、なかなか深刻な問題となっています。そういった外国人の方を積極的に呼び込むことでも、空室は減るでしょう。
3つ目は、物件の内装や設備をよくすることです。家具付き物件や、エレベーター、自転車置き場や駐車場などなど、入居者がどういった物件に住みたいかを考えた際に、これらの有無は物件の選考を大きく左右します。もちろん、準備できる資金や土地によってどれだけ整えられるかといった問題はあるかと思います。決して無理はせず、よく検討していただければと思います。
4つ目は不動産会社や仲介会社を変えることです。これを変えることで、入居を考える方への対応が良くなることや、物件の認知度が上がることがあります。誰も、印象の悪い対応をされたところで、日々の暮らしを左右するような選択(物件選び)はしたくありませんよね。この問題をクリアにするというわけです。
5つ目はそもそも論にはなりますが、立地環境が良かったかどうかをよく考えることです。周辺にどんなお店があるか、交通の利便性はどうなっているか、学校や銀行、公園などあるのかどうか。実際に周辺を歩いた際の雰囲気はどうか。こういったことの情報集めに熱心でなくてはなりません。空室の解消法を実践することで、得られる収益も格段に変わってきます。ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

▲ ページトップへ