家賃収入で老後生活
2017.07.26

サラリーマン今後の日本社会がどのように変化していくのか。経済的に良くなっていくのか、悪くなっていくのか。そういったことは誰にも正確なことはわかりません。しかし、その「わからない」という気持ちが、私たちの老後に不安を感じさせることは多くの方に共通してある考えだと思います。しかも、今後は年金だけで生活を成り立たせていくことができるかどうかもわかりません。それだけ現在の日本社会というものは、先行き不透明なのです。この不安をいち早く察知し、「どうにかしたい」と考える方の間では、「家賃収入で老後生活を送れないだろうか」といったことがブームになりつつあります。ですが、実際には思考の面でブームなだけで、実際に始める方はごくわずかです。
家賃収入を得る方法として人気なのは、アパート経営です。アパート経営は規模的にも始めやすく、新規参入される方にとってはかなりハードルが低いとされています。手続きさえ済んでしまえば、特別な資格がなくとも経営を始めることができます。大切なのはその手続きよりも、物件選びの段階です。言うまでもありませんが、物件にはそれぞれの特徴があります。間取り、部屋数、設備、そして立地環境などです。これらどのような特徴を売りにしていくか、どういった特徴にニーズがあるのかをよく考えた上で物件を選ぶ必要があるでしょう。
また老後生活を送りつつ収入を得る方法をお考えの方は、ケースバイケースではあるもののお年を召した方が多いことと思われます。これも人によりかとは思いますが、働くことに体力的な不安を感じていらっしゃる方も多いでしょう。そういった方にもアパート投資はおすすめです。上記のように物件選びさえ済んでしまえば、間に業務をサポートしてくれる不動産会社や仲介会社を挟むことで、自分で行う仕事はかなり限られてきます。体力的な不安を案じていらっしゃる方は、こういったことも踏まえた上でアパート投資を検討されてみてはいかがでしょうか。もしすでに土地を持っている方で、その土地を持て余している場合にもアパート投資に土地を活用するのがおすすめです。
これからの時代、持てる力を尽くして一人一人が未来を築き上げていく努力をしなくてはなりません。「老後だなんてまだまだだよな」とお考えの若い方でも、必ず老後というものはやってきます。今からできる情報集め、手段の実行を進めていくようにしましょう。できるだけ早く始めることで得られるアドバンテージもあると思いますよ。

▲ ページトップへ